リレーエッセイ⑯

賞与支給、賞与報告書、年末調整、給与支給、給付費請求、利用者請求と1年で最もタイトな12月前半を、今年も何とか乗り切った16番手の管理課唐沢です。

みずきでは事務一筋ですが、大学を卒業後に就職したのはIT関係の企業でした。3年程ですが、プログラムを組んだりシステム設計が主な仕事のなんちゃってSEとして過ごしました。その後みずきに入職するまでは、専業主婦でしたが身近には常にPCがありました。最初は第1世代と呼ばれる『Power Macintosh 7100』というデスクトップ型のPCを、25年位前でしょうか購入しました。その頃のPCは我が家にとってまだ気軽に買える物ではなく、性能も今では考えられないくらい精度の低い物でした。それから幾度か世代交代をして現在はノート型を所有しています。その間、子供の学校、習い事、地域のボランティア等で、経理や庶務・広報等をPCの力を借り携わってきました。私にとってその経験が、仕事をする上でのベースとなっています。避けては通れない苦手なことを変わりにやってくれて変な所で凝り性な私にとって、なんて素晴らしいツールに出会えたのだろうと思います。今後もPC命でしょうか・・・

さて今年4月、管理課同僚が闘病の末お亡くなりになりました。もう半年以上経っても、いまだにふとした日常の中でその存在を思い出します。感情豊かで、皮肉屋でもあり、厳しくてでも優しくもあり、人生の先輩として色々と教えて頂きたくさんの影響を受けました。私もそうありたいと思いながらも、なかなか難しいことですが少しでも近づけるようにと思っています。

管理課サブリーダー 唐沢 由紀