リレーエッセイ⑰

初めましての方もそうでない方も…そして会ったこともない方も!

こんにちは、入居支援課の木村です。

『リレーエッセイ』何を書いて見ようかと悩みながらも、書き始めております。

今回もそうですが、初めての時や「う~ん。」とちょっと考えてしまう時、とりあえずチャレンジしてみようと心掛けています。不安なこともありますが、「他の人が出来ているのだから、私にも出来る!」と言い聞かせています。実はこれは母の受け売りですが、かなり“万能”魔法の言葉だと信じています。そんな魔法の言葉の力を借りながら、今回のリレーエッセイも楽しく書き進めていきたいと思います。

みずきには施設内に渡り廊下があります。夏は暑くて、冬は寒い…渡り廊下。その渡り廊下の飾りを手作りしています。出来るだけ、季節を感じて頂けるようにと心掛けています。季節ごとに毎回とはいきませんが、時間が許す限り手作りしたいと思っています。何かを作るのが大好きで、創作意欲がもくもく(?)めきめき(?)と湧いてくる瞬間がたまりません。

先日課内イベントでクリスマス会がありましたが、「テーブルセットを少し可愛くいつもより華やかな雰囲気に!」と思いついてからニヤニヤしながら準備をしました。利用者様人数分となると、なかなかの量になります。でも完成のイメージと完成した時の自己満足…いやいや、楽しんで頂けるようにとの願いと達成感が私を突き動かすのです。準備や作ることとなると、やる気スイッチが、ON!になってしまうのです。これからも楽しい素敵なものを作っていきたいと思います。

季節感とイベントでの非日常…みなさんにウキウキとかワクワクとか、楽しい気持ちが少しでも届いていれば幸いです。

実は、みずきは開所からお世話になっています。平成15年12月入職させて頂いてから、もう15年が過ぎました。本当に、何も分からないまま入職しました。

専門用語も分からず、オムツも触ったことがない…これが私のスタート地点です。しかしながら、もう15年です。みずきでの出会いの全てに感謝しています。辛いこともありますが、続けるだけの何かがあると自分は感じています。

「継続は力なり!」これも私が信じていることです。

入居支援課 サブリーダー 木村 千里